スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とても暑い夏休み 熱中症に注意!

熱中症になったときの応急処置について
★ 水分を補給し、涼しい場所で休ませること

熱中症にかかったときは次のような応急処置を行いましょう。
●涼しい室内、または風通しのよい木かげなどに移す。
●衣類をゆるめ、足を高くして寝かせる。
●冷タオルなどで体を冷やす。
●皮膚が冷たくなっているときは毛布などで体を保温する。
●水やスポーツ飲料、塩をひとつまみ入れた水などで、水分を補給する
●解熱剤は使わず、自然に熱が下がるのを待つ。
※ 全身のけいれんを起こしている場合は救急車を呼んでください。

暑さ対策をしっかりと行い、暑い夏を乗り切りましょう。

スポンサーサイト
カテゴリ
プロフィール

茨城県県西地区U-12

Author:茨城県県西地区U-12
WElcome to Ibaraki Kensei!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。